デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年11月11日

楽天フリマ、システム大改悪の予感…

まだ大改悪なのか大改善なのかハッキリしないけれど、今月13日に楽天フリマはシステムの大規模改定を行うらしい。なんとなく、悪い予感しかしないのは僕だけだろうか??
http://furima.rakuten.co.jp/topics/20060901.php3

楽天の最近のシステム改悪で記憶に新しいのは、今月からの楽天ポンカンの大改悪だ。先月までは、楽天市場でPCから買い物をした後、楽天市場でケータイから買い物をして、さらに送料無料の楽天ブックスで安い文庫本を1冊、楽天ダウンロードで100円かあ200円の壁紙を1枚、楽天フリマで何か1点落札すれば、合計5サービス利用なので当月の獲得ポイントが4倍になるというサービスがあった。楽天イーグルス球団やヴィッセル神戸の勝利翌日のポイント2倍も合わせれば、楽天での買い物は6~7%も還元されていた計算になる。ところがそのポンカンシステムは今月から楽天カード(クレジットカード)の会員のみに限定されてしまった上に、楽天ダウンロードなども対象から外されてしまったので、還元率は大幅にダウンしてしまっている。

そしてここにやってきた楽天フリマのシステム大改悪の予告だ。楽天グループの経営は実は相当に厳しく、たとえば楽天傘下のカード会社「楽天KC」は今年は300億円近い赤字をマークする見込みだ(http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20307927,00.htm)。また、昨日は楽天アフィリエイトの9月分ポイントの確定・支給が行われる比だったが、2ch掲示板によると今月は相当原因不明の「破棄」があったためにポイントの支給率は50%ほどに抑えられている(この「破棄」分は楽天の各ショップから会員へのアフィリエイトの報酬経費として楽天本体への上納はなされるがアフィリエイト会員には支給されない、楽天の闇の一つとされている部分である)。

その他、先々月までは自動的にボーナスポイントが付与されていた楽天イーグルスやヴィッセル神戸の勝利翌日のボーナスも先月からは買い物した人が自分からキャンペーン利用の申告を買い物とは別個にしなければならず、申込を忘れた人はキャンペーン適用期間内であってもキャンペーンが適用されないという渋い仕様変更も成されている。

そういうことも踏まえて、楽天は今は搾り取れるところからはとことん搾り取るというスタンスでいるらしい。楽天、相当苦しいんだなプギャー!と言いたいところだけどそう笑ってばかりもいられない。とにかく、明後日には楽天フリマの新仕様が公表される。今は、改悪の範囲が少しでも狭く済むことを祈るばかりだ。…と思ったけれど、僕はもうポンカン改悪したから楽天フリマを使うことはないんだった。だから、改悪しても関係ない。もう、シラネーヨ!!

Posted at 2006/11/11(土曜日)22:11

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »