デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年11月20日

ONKYO SE-200PCIが12月20日に発売へ

パソコン自作ファンの中でも音質にちょっと拘ってみたいという人の間で人気の高いONKYOのサウンドカード、そのハイレベルモデルであるSE-150PCIが来月モデルチェンジしてSE-200PCIとなる。
http://www2.jp.onkyo.com/what/news.nsf/view/se200pci?OpenDocument
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1120/onkyo.htm

2004年秋に今のモデルになったから、今回の新モデルは比較的短期のサイクルでの投入となったようだけど、前々からモデルチェンジの噂はされていたので驚きはそれほど大きくなかったみたい。カカクコムなどを見るとこの前のモデルに当たるSE-150PCIは長期間、サウンドカード部門での人気No.1を維持していてSound Blasterなどを余裕で抑えている。Amazonの人気商品の一つでもある。

それが12月20日に新モデルのSE-200PCIになるのだが、変更点はコンデンサの仕様変更や出力クロック数の選択肢の増加などそれほど大きくは変わらなさそう。すでに前のSE-150PCIでもある程度サウンドカードとしては完成されていたので、SE-200PCIで大きく変える必要自体がなかったのだろう。

それはともかく、ONKYOのサウンドカードは他の自作パーツとの相性が非常に厳しい。とくにテレビキャプチャボード・テレビチューナーボードとの相性は神経質とも言えるほどで、画面は映るが音声は出ない、というようなことはザラにある。SE-150PCI以外のONKYOのサウンドカードも相性に関しては非常に厳しいものが多かったので、このサウンドカードSE-200PCIもおそらく例外ではないだろう。自作ファン泣かせの一品になることは間違いない一方で、好奇心を刺激してやまない品でもある。相性問題で泣く泣くCreativeのSound Blaster Audigyに変更する人は後を絶たない。

Posted at 2006/11/20(月曜日)16:03

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »