デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2007年02月05日

Core2Duo E4300のオーバークロック世界記録保持者は日本人

http://star.ap.teacup.com/dakara/
先月下旬に発売されたFSB800のIntel Core2Duo E4300(1.8GHz/L2 2MB)がオーバークロック耐性に優れているということでネット上では様々なIntel Core2Duo E4300オーバークロック報告がなされているけれど、現時点で世界最速のIntel Core2Duo E4300を動作させてしまった日本人のブログが出ていた。

掲示板などで得られる情報から推測すると、Intel Core2Duo E4300は定格の1.8GHzから67%増の3.0GHzまでは比較的オーバークロックの成功報告が多いみたい。この時点ですでに2.4GHzのE6600を上回っているのだからかなりの優秀な石と言えそうだけれど、ひとたびオーバークロックにハマってしまった人はそれではとても満足できないようだ。

http://star.ap.teacup.com/dakara/
BROG-DAKARAで取り上げられているオーバークロック成功例は、ガス冷却で4.487GHz(定格比2.493倍!)というとんでもないクロック数を示していた。ここまでクロック数を高めるためにはメモリやマザーボードの選び方からCPUの強制冷却の方法に至るまで膨大なノウハウが必要だったと思われるけれど、ただ感心するばかり。僕のAMD Athlon 64X2 3800+は今は電気代の節約(?)のためにCrystal CPUIDで電圧とクロックを下げて使っているくらいだから、動作周波数4GHzというのははるかに遠い世界だ。

http://www.ripping.org/database.php?cpuid=512
このサイトでは現時点でオーバークロックで動作報告が得られたものを世界中で集め、そのランキングを掲載している。CPUの種類別にどこまでオーバークロックが可能なのかを知ることが出来るが、このエントリーを書いている2月5日の時点で、まだCore2Duo E4300の世界最高記録はBROG-DAKARAのオーバークロック記録が掲載されている。

また自作PC板@2ちゃんねる掲示板でもオーバークロック報告スレッドが立てられており、色々なオーバークロック報告を見ることができる。中には空冷ファンでは飽きたらず水冷や液体窒素冷却(!)のCPUなんてものもあり、オーバークロックを自分でする技量を持たなくても見ているだけで結構面白い(←自作病患者限定)。

Posted at 2007/02/05(月曜日)13:42

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »