デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2007年02月06日

日立GSTのT7K500を購入しました

日立GSTのT7K500を購入しました

日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)のハードディスクでかなり人気の高いT7K500 320GB(HDT725032VLA360)をツクモで注文した。奇しくも昨日、日立が発表した2006年度第3四半期の決算では日立のハードディスクドライブ(HDD)事業の不振が伝えられていたが…。

前作7K500やその前のモデル7K250では日立HDDはモーターの動作音が高かったのが、T7K500では格段に改善されている。またHGSTとならんでHDDの2強だったSeagateは3.5インチHDDで垂直磁気記録方式を採用してからは発熱と消費電力の多さに悩まされていたみたい。日立も2007年Q2から発売される7K1000からは垂直磁気記録方式に移行するので、もしかしたらT7K500シリーズは次期モデルが出た後も貴重な存在になるかも知れない。

http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/topic/2007/02/06/9586.html
昨日発表されたばかりの日立の2006年度第3四半期決算によると日立連結では当期純利益が77%減、特にHDD事業では赤字が前年同期で70億円だったものが今期144億円に拡大したそうだ。日立はHDD事業の立て直しを迫られているということはこれまでもあちこちで見ることがあるニュースだったけれど、他事業がそれほど悪くない中でHDD事業が際だって悪いのでHGSTのHDD事業は縮小を迫られる可能性はある。

パソコン自作ファンにとっては現行の3.5インチHDDではSeagateやWestern Digital、Samsungなどと比べて日立のT7K500シリーズの人気は際だって高い。主要メーカーパソコンにOEMとして供給しているのは価格競争力のあるSamsungだったり米国最大手のSeagateだったりしてHGSTはあまり主要メーカーパソコンに採用されていない(そのことが日立決算でのHDD事業の不振の原因になっている)けれど、自分でHDDを選ぶなら現行世代ではHGSTのものを勧める声はネット掲示板などでも強い。

みなさんもHGSTのHDDを買って、優れたHDD業者である日立のHDD事業からの撤退を阻止しよう!

Posted at 2007/02/06(火曜日) 3:44

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »