デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2007年03月07日

あなたはもうVistaを使いましたか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070307-00000019-inet-inet
Yahoo!ニュースに出ていたちょっとさびしいニュース。個人でWindows Vistaを使っている人は0.9%、企業で使っている人はなんと0%という調査結果が出たようだ。思ったほど出足が芳しくないとはいわれていたことだが、ここまで厳しい数字を見せ付けられるとMicrosoftが気の毒にも思えてくる。

この調査はインターネットコム社がJR東海エクスプレスリサーチと共同で行ったもので、インターネット上で行うアンケート方式の調査なので実際にどれだけ現実のシェアを反映しているのかは確かではないが、それを差し引いてもこの数字はひどい。330人に対しての調査結果なので、0.9%という数字は3人しかVistaを使っていると答えた人がいないということか?

僕も自宅のメインPCはいまだにWindows XP proで、今のところすぐにWindows Vistaに移行する予定はない。別に移行してもよいのだけれど、移行しなければならない理由もないし、ドライバがまだそろっていないハードウェアがあったりしたら面倒なことになりそうなので手を出しづらい。おそらく、多くの人は同じようなことを考えていて、Windows XPからVistaへの移行が行われるとすればそれはVistaが必要になったからという理由ではなく、単に使っていたパソコンが(ハードウェアの面で)寿命に達したので買い換えたらVistaがプリインストールされていたので仕方なく使っているだけ、ということになるんだろうと思う。よって、Windows XPからVistaへの移行は、ハードウェアが寿命に達するくらいの勢いで緩やかに緩やかに進んでいくことだろう。

企業はさらなり。市販のソフトウェアの中にもWindows Vistaにはまだ正式対応していないものが少なからず存在しているし、そういうものが残っている状況では企業で使うパソコンにVistaが採用されることはないだろう。Microsoftがいくらがんばってみたところで、まわりのソフトウェア・ハードウェアのベンダーがその勢いについていけなかったり付いていく気がなかったりすると、結局Windows Vistaそのものがこけてしまうということになる。

いずれにせよ、今すぐ普及しなくてもやがては「ハードウェアの故障によって仕方なくWindows XPが使用継続できなくなる」という状況は確実に訪れるので、いつかはVistaへの移行が行われるのは間違いない。Microsoftもその辺は観念しなければいかんともしがたいのではないだろうか。

Posted at 2007/03/07(水曜日)19:18

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »