デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2007年03月30日

39000円で使えるMicrosoft Technet Plus Direct

テスト環境用という限定条件が付きながらではあるが、Microsoft製品を非常に安価に利用できるTechnetサブスクリプションというものがある。これは39000円という定額制でVistaやOffice 2007などのMicrosoft製品が導入できるというお得なライセンス形態。もし自分がソフトウェアやPC環境評価のライセンス形態に合致する使い方をするなら、これを利用しない手はない。

2007年はMicrosoftから新しいOSであるVistaと新しいOfficeスイートであるOffice 2007が発売され、マシンに新しい環境を導入する人が多い。ところがXPでは問題なく動作したアプリケーションがVistaでは動作しなかったり、Office 2007では使えないアドインがあったりするので、新しい環境でも自分がこれまで行っていたことができるのかをテストしたい、という人のためにMicrosoftがテスト用のライセンス形態を用意している。それがTechnetサブスクリプションだ。

Microsoftがソフトウェア開発者向けに用意しているMSDNと似ているが、こちらのTechnetは個人用に環境評価を行えるようライセンスを揃えたものだからソフトウェア開発者でなくても加入することが出来る。TechnetサブスクリプションではWindows Vista、XP、2000やOffice 2007、2003やその他の諸々のMicrosoft製品をテスト環境用にインストールすることが出来る。自分のパソコンに評価用にWindows Vistaを導入することが出来るのだ。もちろん正規ライセンスで、一つのソフトウェアにつき10ライセンスまで使用することが出来る。

普通にVistaとOffice 2007 Proのパッケージを買ってきたら費用は5万円近くなってしまう。それが使用条件が限定されるとは言え、各10ライセンスまで使用できて39000円で使えるのだから非常にお得だ。なお2年目以降は年29000円で更新でき、さらに10ライセンスという縛りは毎年更新されるので来年はさらに別の10台のPCにソフトウェアをインストールできる。

Posted at 2007/03/30(金曜日) 7:15

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »