デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2007年07月14日

7月22日のIntel Core 2価格改定で新しいPCを組もうか

今年の4月22日に大幅な値下げを実施してAMDに大打撃を与えたばかりのIntelが、さらに追加で7月22日に新商品投入と値下げを行って、さらなる市場独占を狙っているとかいないとか。価格改訂のニュースはすでにあちこちで報じられているのですでにご存じの通り。大本命クアッドコアQ6600が3万円台で手にはいるということで、自作PCファンたちはよだれを垂らしながらこの7月22日を待っているらしい。

http://pc-parts.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/intel3_886e.html
http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-836.html

クアッドコア、つまり4核CPUはこれまで庶民にはおいそれとは手を出せない高嶺の花だった。もともと四条に初めて、個人趣味でPCを組む人にAMD Athlon 64 X2 4200+などが提供され始めたときも、それらデュアルコアCPUは高くてかなり勇気を出さなければ手に入れることはできなかったが、それでも価格は4万円台だったのである。クアッドコアとして個人が現実的に入手できそうなものとしてはIntel Core 2 Quadが初めてだが、これは価格改定前では8万円もする代物。趣味によほどのお金を掛けられる人でない限りその4コアの恩恵に預かることはできなかったのだ。

7月22日にはQ6600に個人PC自作ファンが殺到してきそうで、いったいどうなることやら。すぐに売り切れてしまう可能性もあるが、僕も最近はすっかりPC自作から遠ざかっていたので時間的に余裕があればクアッドコアマシンを組んでみたいものだ。その前に、自作PC板@2ch掲示板などでクアッドコアがどのマザーボードで安定するのかなどの情報収集も必要だが…。

本業の忙しさで、以前は毎日チェックしていた自作PC板@2ch掲示板も最近は全くのぞけていない。時代の流れは速いもので、メインマシンに搭載しているSocket 939 AMD Athlon 64 X2 3800+は今ではすっかり時代遅れのCPUになってしまった。ひさびさに、新しいPCでも組んでみたい気分なのである。

Posted at 2007/07/14(土曜日)14:20

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »