デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2007年12月08日

サーバ機能不全に陥っているセカイモン

d20071208.gifhttp://www.sekaimon.com/
Yahoo!オークションとeBayの提携によって誕生した、セカイモン。eBayで開催されているネットオークションに対して、eBay APIを活用して日本語で参加するということができるシステムである。eBayの子会社的な立場で日本でのサービスを開始したのは良いが、そのサーバは日本ユーザの期待に応えられるほど頑健なものではなかったようで、この数日はずっとアクセス制限が課されている状態である。

このサイトは、日本でYahoo!オークションと提携したeBayのサービスが利用できるとすればどれくらいのユーザが集まるのかに関しての見通しが甘かったといわざるを得ない。若干おそまつなサービス展開だったようだ。

Yahoo!オークションもかつてはサーバが重くて入札するのも困難だったという時代があったが、今では当時とは比べものにならないほどのサーバ強化が行われていてヤフオクのサイトが重くて使い物にならないということは滅多にない。逆に、日本のネットオークションファンはみんなそれくらいのサービスになれてしまっているわけであって、セカイモンのサーバの状況には不安を覚えている人が少なくないはずだ。もっとも、これはセカイモンのサーバが弱いだけなのかeBay APIが重いのかは外から見ているだけではわからないのだが。

さて、このセカイモンは今のところ新規ユーザのアクセス制限をかけてサーバ能力のやりくりに腐心している。おそらく今どこかで一生懸命サーバの強化を図っていて、近日中には十分な土台を完成させた上で再登場することだろうと思う。オークションの舞台としてのスタートラインに立つのはそこからであって、たとえば詐欺や取引トラブルの対処などネットオークションの運営能力が問われるのもそこからである。現時点では何も始まっていないにひとしい。どのようなレベルでのサービスを提供できるのか、お手並み拝見としたいところである。

Posted at 2007/12/08(土曜日)14:46

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »