デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2008年04月13日

Thinkpad X40の1.8インチHDDに愛想を尽かして、擬似SSD化を検討

Thinkpad X40は軽くてバッテリーの持ちもまぁまぁ、CPUもデュアルコア全盛の今の時代にはやや古くさい印象がするようになってしまったとはいえIntelを窮地から救ったPentium Mはまだ十分に実用的だ。キータッチの軽くなってしまったThinkpad X60系と比べてまだまだキーボードはしっかりしたIBM Thinkpadの雰囲気を保っている。唯一、どうしても気に入らないのが1.8インチHDDの動きの遅さだ。これを、コンパクトフラッシュ(CF)を用いた擬似SSD化を行って高速化してみようと検討中である。以下は、そのためのメモ。

これらのブログの主たちが、それぞれのThinkpad X40の1.8HDDの遅さに愛想を尽かしてCFに換装している様子を公開している。これを参考に、僕も自分のThinkpad X40を交換してみる次第である。

ThinkPad X40のSSD化 - sous le grand arbre
http://www.grandarbre.net/2007/08/thinkpad-x40ssd.html
ThinkPad X40(2371-5FJ)を0スピンドル化してみた - Bartonの日記
http://d.hatena.ne.jp/Barton/20071208/1197116456
Thinkpad X40のHDDをCFに換装してVista - あぁ そうだった
http://passing.breeze.cc/mt/archives/2007/09/thinkpad-x40hddcfvista.html

ちなみに下記のサイトではThinkpadを完全にばらしてしまっていて、もはや「HDD交換」という生やさしいものではなくなってしまっている。まさしくThinkpad X40改造、という様相だが、1.8HDD/CFアダプタだけでなく2.5HDD/CFであってもThinkpad X40に使用可能である理由が写真からわかるようになっている。要するに日立系1.8HDDは端子部分そのものは2.5HDDと同じで、長さが短くなっているだけなのである。

X40 - ThinkPad X60s/X40/X31 メモ
http://homepage2.nifty.com/emotom/x40/x4.htm

上記のブログなどを参考にしながら、楽天市場で以下のパーツを購入。
CF→1.8/2.5inch IDE変換カード PA-CF18H-EF(バルク) - 2480円
Transcend CFカード 32GB [TS32GCF133] - 24524円
ほかにもいくつかCFをIDEに変換するアダプタはあったものの、なんとなくPA-CF18H-EFを選択。特に強い理由は無い。CFカードは16GBと32GBで大いに迷った(8GBでの動作報告が多いが、8GBではWindows XPをnliteなどで削らないと普通にインストールしたのではCドライブの容量が足りなくなってしまうのだ)。

kakaku.comなどの「クチコミ」情報や各種サイトのCFカードRead Writeベンチマークも参考にして、Transcendを選択。16GBでも良かったのだが、楽天市場でTranscendの16GBを置いていて、なおかつヤマト運輸での発送に対応していた店舗が見あたらなかったので、別の店舗(こちらは32GBしか置いていないがヤマト運輸での発送に対応している)で32GBのTS32GCF133を購入。このカード、公称値は133倍速だがベンチマークでの実測Readは280倍前後もあり相当速い。一方で中国某メーカーの公称333倍を謳うメーカーは実測100倍速を切っているものがあるなど、CFやSDカードのパッケージに記載された「○倍速」は実はかなり当てにならない。ヤマト運輸にこだわったのは、コンビニ受け取りに対応していない佐川・日通などでは僕の不規則な勤務体系では荷物の受け取りが至極困難だからである(不規則な出勤・残業が多すぎて、朝9時から夜9時まで自宅に「絶対にいる」といえる時間が無いので汗)。コンビニ受け取りに対応しているヤマト運輸か、郵便局夜間窓口で受け取りができるゆうパックか、不在でも郵便受けに入れておいてくれるメール便か、多少高かったとしても、このいずれかでしか僕は通販を利用しない(できない)。

HDDと比べてCFは容量が不足しがちであるから、先人たちはThinkpad X40に備えられたSDカードスロットに挿入されたSDカードをリムーバブル記憶容量として活用することを薦めている。公式にはThinkpad X40の内蔵SDカードスロットはSDHCには対応していないが、これでは4GB以上のSDHCカードを扱えないので、解決策はないのかと調べてみたところ、SDカードスロットでSDHCカードを読み込み可能にするのはソフトウェア的な対策のみで可能らしい。すなわち、適切なHotfixをあてがえばThinkpad X40でもSDHCカードを扱うことができる。

かねみきのうふふ o(^-^)o: X40とSD,SDHC
http://www.kanemiki.net/blog/2008/01/x40sdsdhc.html

もっとも、SDHCに限らずThinkpad X40のSDカードスロットは読出し・書込みともにかなり速度は遅い(3~5MB/sec程度)。この速度では、いっその事、仕事で使っているdocやpptなどはすべてUSBメモリに保存するのも大差ないのではないかと思えてくる。

筧のひとりごと  SDカード購入
http://kakehi.blog98.fc2.com/blog-entry-26.html

さてさて、この注文しておいたアダプタとCFカードが届いたら、またこの可愛いThinkpad X40をじっくりいじくってやるつもりである。一晩中、Thinkpad X40のあんな所やこんな所をまさぐって愛撫してやる。ぐへへへ。

続編はこちら

Posted at 2008/04/13(日曜日)15:34

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »