デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2008年08月03日

次世代iPod nanoは再びスリム型に戻るらしい

iPod-nano-3.pngiPod-nano-4.png

iPod nanoが再びスリム型に戻るという情報が出てきているらしい。現行の第3世代iPod nanoはそれまでの2世代のiPod nanoに比べて幅が広く背が低いぽっちゃり型のスタイルだったものが、次に出てくるであろう第4世代iPod nanoでは再び第2世代までのスリム型のスタイルに戻るらしいということだ。CNET japanより。
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20378105,00.htm

上の写真の左側が第3世代iPod nano、右側がiLoungeによる第4世代iPod nanoの想像図。第4世代iPod nanoは第2世代iPod nanoにきわめてよく似ていながら、ワイド画面の動画も再生できるようにやや背が高くなって縦方向にディスプレイを伸張し、動画再生は本体を横向けに倒して行うこととしている。これはワンセグ形態などでも一般的に普及している形で、スリムな本体サイズを実現する上ではごく自然な形であると思われる。

第3世代iPod nanoから第4世代iPod nanoへの移行期に再びスリム型に戻るのではないかという話題が出てくるのは、第3世代iPod nanoでこの幅広型の本体サイズがあまり好評を得なかったということを示唆している。僕自身は第2世代iPod nanoのユーザーであるが、第3世代iPod nanoがリリースされたときにはそのあまりスマートとは言えない外観を見てスリム型の第2世代iPod nanoを持っていて良かったと感じたものだ。もちろん第3世代iPod nanoが悪いというわけではなく、持ちやすさや使いやすさということに関しては優れた一面ももちろんあるのだろうけれど、あくまで僕の個人的な印象として、第2世代iPod nanoまでのスリムな見た目がiPod nanoのイメージによく合うように思う。

正式な発表を見てみるまでは何とも言えないものの、第4世代iPod nanoがスリム型に戻るかもしれないという情報が出てきたとなると、Appleからのニュースリリースが気になるところである。

Posted at 2008/08/03(日曜日) 8:28

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »