デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2008年10月15日

Windows派の僕も、Macにちょっと興味がわいてきました

僕はWindows以外のパソコンは使ったことが無く、自宅でも仕事でも使っているのはWindows XP(残念ながらVistaではない)。ところが、最近はちょっとMacに興味がわいてきた。折しも新型MacBookが発表されたばかり。アルミボディの新型MacBookが気になって仕方がない今日この頃です。

- Apple Store
- 薄く、軽く、アルミになった新しい「MacBook」が登場 (ITmedia)
- アップル、新MacBookを発売--注目のアップグレードポイントを徹底分析 (Cnet japan)

そもそも僕は今までノートパソコンと言えば、今使っているThinkpadの他には数年前に使っていたMebius MURAMASAと10年くらい前のNECのなんとかという機種だけで、シンプルでやや無骨なデザインのノートパソコンこそが美しいと思っている人間だった。これまでのMacは丸っこかったり可愛かったりしていてあまり「大人の男」が使うものではないという先入観を持っていたのだ。

ところが、Macのニュースリリースを聞きつけてApple Storeを除いてみると、一枚のアルミ板から削り出されたというアルミボディが意外に精悍にみえる。ソフトウェアの充実度やWindowsとの互換性も徐々に改善されていると聞く。職場でもMacを使っている人をちらほらと見かけ、特にWindowsとの障壁を感じている様子もなさそうだ。

Windows派を自認してきたからにはここで簡単にMacBookに浮気するわけにはいかないのだが、それでもなぜか新しく発表されたMacBookには興味を抱かずにはおれないのだ。

- アップル、新アルミボディにMini DisplayPort搭載の「MacBook Pro」

Posted at 2008/10/15(水曜日)21:24

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »