デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2008年12月10日

Gmailに公式でToDoリスト機能が掲載された。

これまで僕はGmailと相性の良いRemember the milk(RTM)をToDoリストとして使用していたのだが、Gmailが公式にToDoリストを公開したらしい。現時点ではLab(つまりBetaサービス)の段階だが、これは久々に期待できる新機能追加。一方で、RTMにとってはその生存を脅かされる大ニュースということになる。

- The official Gmail blog - New in Labs

RTMはこれまでその良質なサービスで多くのユーザを獲得してきたにもかかわらず、全く広告も掲載せずにいったいどうやって収益を上げるつもりなのかということをあちこちのネットユーザに考えさせてきた。一部にはGmailとの親和性をどんどん高めて、Googleに買収されることを狙っているのではないかとすら噂されていたほどだ。RTMの開発陣はGoogleにRTMのシステムを丸ごと売ってしまって大金を得ることを考えていたのかもしれない。

しかしGoogleが独自にToDoリストを開発してGmailに搭載するとなれば話は全く変わってしまう。RTMはどうやって収益モデルを確立するのかという問題が新たに出てくる。Firefoxアドオンなどの形でGmailにToDoリストを提供してきたその他の多くのサービスも同じだ。こうなってくると、どちらが使いやすいのかということが重要なポイントになってくる。Gmailが提供するToDoリストよりもずっと使いやすいというメリットが感じられないとユーザは増えず減る一方になってしまいそうだ。

RTMにとっては正念場。僕もまだGmail公式ToDoリストを使用していないのでその使用感は試していない。RTMは「12/10 8:00 ○○会議」と入力(あるいはメール送信)するだけで12月10日の午前8時に○○会議の予定を入れることができるなど、ユーザインターフェイスは非常によく練られている。GmailのToDoリストはどうだろうか。これから少し試用してみたいと思う。

Posted at 2008/12/10(水曜日) 7:54

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »