デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2009年05月09日

SHARPのAQUOS廉価モデルLC-32E5を購入した

SHARP AQUOS 32V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LC-32E5-B ブラック大学生時代からテレビは持っておらず(一時期デスクトップパソコンにテレビチューナーボードを搭載していた時期はあったが)、ドラマ等もほとんど見たことがない生活を送っていた。光ファイバでインターネット常時接続されたパソコンがあればテレビは要らないと思っていた。しかし、ついに地デジ対応液晶テレビを購入してしまった。これは明らかに衝動買いである。

岡山のビックカメラでSHARPの型落ち前のAQUOS廉価モデルが叩き売りにあっていた。32型液晶で79800円にビックカメラポイントが20%、政府のエコポイントが10%付くというもので、他社製品の同クラスと比べてもなかなか安い。当日中の限定価格となっていたが、その日は21時に閉店するビックカメラを20時40分頃に訪れており、価格コムなどで最安値を確認することもできず、配送・設置工賃等も無料でまあまあ結構な価格であったので、その場で契約をしてしまった。配送の時間指定ができないとなると一日中フリーな日は再来週までなかったので商品のお届けはまだ先になりそうである。

ところでこのモデルLC-32E5はSHARPのAQUOSの中でも最廉価のモデルらしく、2ちゃんねる掲示板や価格コムの「クチコミ」でもさんざんな言われようもされていた。倍速液晶などの機能がついておらず、また視聴可能な画角も結構狭いらしい。しかし、僕自身もそれほど裕福でもなく金を湯水のように使うわけにもゆかなかったので(湯水のように使える金があればiPhoneも買っているはずである)、廉価モデルでも仕方がない。テレビがないことに比べれば大きな進歩である。

商品はおよそ2週間後に届く予定。それまで、待つことにしよう。覚えていれば、続報にてレビューしようか。しかしSHARPの公式ホームページを見るとEシリーズに新しいラインナップ(ES系)が公表されていたので、もはやレビューも必要なさそうだ。

Posted at 2009/05/09(土曜日)18:55

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »