デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2010年02月13日

Thinkpad T60用に「アドバンスド・ミニドック 250410J」お買い上げ。

Lenovo ThinkPad アドバンスド・ミニ・ドック [250410J]Thinkpadの良いところ、ユーザー側でもいろいろ手を入れられるところ。すでにビジネスパソコンの雄としての地位はLets noteに奪われてしまって、「できるビジネスマンはThinkpad Xシリーズ」という時代も終わってしまったが、Lenovoに移った後も色々とさわる楽しみがあるのがThinkpadだ。このたび、アドバンスド・ミニドックを購入してみました。

このアドバンスド・ミニドックはThinkpadの底面に設置してインターフェイスの拡張を行うためのハードウェア。Thinkpadの裏面にある接続コネクタを介して色んな拡張機能をもたらしてくれる。特に外部ディスプレイを接続してThinkpadをデスクトップパソコンのように使うときに恩恵が大きい。

まず閉じたままでも電源ボタンを押せるようになるのが大きい。僕はUXGA之外付けディスプレイをThinkpad T60につないで使用しているが、Thinkpadを閉じたままでは電源のオンオフができない(オフはできるか…)。ミニドックには電源ボタンがついておりThinkpad本体と連動するので、閉じたままでも電源をオンにできる。

グラフィックの出力ポートもたくさんある。DVI-D、シリアル、パラレル、PS2(マウス用)の外部出力端子が増設されることになる。USBやD-SUBではどうにもならないディスプレイへのデジタル画像出力が可能になるDVI-D端子の存在は大きい。その他、ギガビットLANとモデム端子もある。が、使いそうなのはDVI-DとLAN端子くらいか。ほとんどの周辺機器がUSBで何とかなる時代にはシリアル、パラレル、PS2、モデム端子は今の時代に必要だろうか…。肝心のUSB2.0も4口ついている。

現時点ではうちにDVI-Dケーブルが無いので、従来のD-SUBケーブルでつないでいるが。近いうちにDVIリンクケーブルを購入して、しっかり完全体のThinkpad T60に仕立て上げるつもりだ。

Posted at 2010/02/13(土曜日)15:28

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »