デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2010年07月25日

キーボード「BUFFALO BSKBC01BK」レビュー

バッファローコクヨサプライ BUFFALO フルキーボード USB&PS/2接続 109キー パンタグラフ ブラック BSKBC01BKキーボードの接続部の接触が悪くなったらしく使用中にブチブチ切れるようになった。仕方ないので新しいキーボードを購入したのだが、高いのを買っても必ずしもアタリとも言えないというのはこれまで10個以上のマウスを買ってきた課程で学習してきたので、今回は安いものを買うことにした。バッファローコクヨサプライのBSKBC01BK、2480円なり。

キーボードの感触としてはノートパソコンのような、パンタグラフタイプの感触。打鍵音はうるさくはない。どちらかというとしっかりした感触。LEDは青色でかなり明るいので目立つ。

最近のキーボードには、たとえばDel・Insert・Home・Endのあたりのレイアウトが変則的になっているものが少なくない。HomeやEndは使わない人が多いからそういう冷遇を受けるのかもしれないが、僕は(Insertは使わないが)DelやHome・Endはしっかり使うのでここに独自レイアウトを使われるのは非常に困る(ここに独自レイアウトを使っているキーボードは購入対象外)。このBUFFALO BSKBC01BKはレイアウトは素直なキー配置になっているのでその点は問題がない。

全体としてはまあまあなキーボード。高級なものに慣れた人にとってはいろいろ不満があるかもしれないが、全体としては無難な品質にまとまっている。もう一つ注文を付けるとすれば、使用しないときはキーボードを立てておけるようになっていれば良かったのだが。

Posted at 2010/07/25(日曜日)22:52

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »