デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2012年11月28日

OS X Mountain Lionは音声入力だけでも買う価値あり

OS X LionからOS X Mountain Lionへの移行はFacebookなどSNSの対応やリマインダーなどiPhoneに搭載されていた機能との連携が実現されたが、例えば仕事の書類を書くなどビジネス用途として用いている間の場合にはあまり恩恵を感じられなかった。しかし、マイク購入して音声入力を使い始めるとMountain Lionの機能がいかに使いやすく便利であるかが分かる。

Mountain Lionの価格は1,700円である。機能的にはマイナーアップデートに近いので、価格も安めに設定されている。搭載された機能も細々した変更が多いので実際の普段の使用ではLionにアップデートした時ほどに違いを感じることがあまりない...、と数日前まで思っていた。

しかしマイク使い始めて音声入力をしてみると文章の入力がはるかに楽になり、文字入力のスピードは格段に向上した。実際には音声入力の精度は完璧ではなく、キーボードでいくつか細かい修正をする必要はあるが、それを考慮しても音声入力で文章打つとこれまでに比べてかなり短い時間で文章を書き上げることができる。音声入力はスキャナのOCRと同じように誤字脱字がかなりあるのかと思っていたが実際に使い始めるとその精度は決してバカにはできない。Lionの機能で特に不自由していないのでMountain Lionにアップデートしていない人は、是非この音声入力を試してみて欲しい。

iPhoneの音声入力では変換に迷った部分は青い点線を示して変換候補が表示されるが、マウンテンライオンの場合はこの青い点線が表示されないようだ。ここが改善されればさらに使い勝手が向上すると思うのだが。

ちなみに、このエントリーも音声入力で書きました。所要した時間は、たった数分です。

Posted at 2012/11/28(水曜日) 1:41

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »