デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2013年01月08日

ThinkPad X60sを新しいバッテリーで完全復活

我が家で移動用パソコンとして使われているThinkPad X60sは購入してから早3年でかなり年季が入っているが、メモリーをマックスまで搭載して、ハードディスクをSSDに交換し、OSをWindows 7に入れ替えてあるので、今の最近のノートパソコンと比較してもそれほど遜色はなく使えている。

ThinkPad X60sは重さはMacbook airと比較してもほとんど同じで、MacBook Proと書くするとはるかに軽い。外出時のワードやエクセルで書類を作る用途では豊富なグラフィック機能必要ない。この古いthinkpadで十分活用できている。ところが、古いノートパソコンを使う上で問題になるのは、バッテリーの耐久性が徐々に下がってくることである。古くなった純正標準のバッテリーでは1時間ちょっとしか活用できないのが現状だ。昔、アマゾンで購入したサードパーティー製の大容量バッテリーは1年もたたないうちに動作不良が出て充電できなくなってしまった。新しいパソコンを買ってもいいのだが、これまでSSDを含め多数の投資をしてきたので廃棄するのももったいない。かといって、中古屋に持ち込んでも1万円にもならないだろう。

そこで、今回は新品純正のバッテリーパックを購入し、完全復活を試みることにした。10000円近い出費は決して安くはないが、これでまたこのThinkPadが若々しさを取り戻すと思えば妥当な出費と言える。

なお、Amazonでも販売元が個人事業主などのショップの代行販売であることが少なくない。ほとんどの場合は価格も安く善良な出品者であるが、中には本物に似せた巧妙な偽物販売業者もいるらしい。特にバッテリーは中国産の粗悪な偽物がでまわっているので、購入する場合は十分信用できる販売元から購入するほうが安心だ。

Posted at 2013/01/08(火曜日)17:09

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »