デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2013年02月12日

iOS 6.1.1で3G通信のパフォーマンスが改善

iOS 6.1.1

3Gでの通信が固まる、通信速度が遅いなどという問題を抱えていたiPhone 4SでのiOS 6.1がついに修正された。iPhone 4SにむけてAppleがiOS 6.1.1をリリースし11日夜(日本では12日午前)にリリースした。早速インストールしたので、その感想。

iPhone4SでiOS 6.1にアップデートしてから3Gの電波を掴んでいるのに通信が固まる、パケ詰まりのような現象に悩まされていた。Softbank版iPhone4Sのほかに、我が家のSIMフリーdocomo版iPhone4Sでも同様の現象が起こっており、原因がはっきりせずネット情報を集める限りはiOS 6.1のバグによるもので根本的な解決法はないのでiOSのアップデートを待つしかなさそうだという結論になっていた。
https://discussionsjapan.apple.com/thread/10125338

しかたがないので自宅や職場ではもっぱらWifiを使用し、また外出する場合も電車での長時間移動がある場合などはWiMAXのモバイルルータを持ち運ぶことにしていた。WiMAXのルータはiPhone 4Sをメインに使うようになってからは殆ど自宅で待機状態だったが、久々の大活躍だ。

Softbankやdocomoのほかに、オーストラリア・イギリスのキャリアでもiOS 6.1にアップデート後から同様の報告があって、これはおそらくOSの問題だろうということはわかっていたが、そうなるとユーザ側ではなんとも対応しがたい。Appleからのレスポンスもないのでネット上でもかなりやきもきする声が聞かれていたが、今朝になって3Gの通信パフォーマンスを修正した6.1.1がiPhone 4S向けにリリースされるという情報が入ってきた。ちなみに、この6.1.1リリースの情報をキャッチしたのはtwitterのトレンドを通じてで、最近はAppleが何か動きを起こすとすぐにtwitter上で話題になるので、新しい情報を得るにはこれがピッタリだ。

早速ダウンロードしてインストールしてみると、今のところは確かに3G通信のパフォーマンスは上出来のようだ。これまでのiOS 6.1でも調子の良い時はかなり快調に通信できていたので、6.1.1で本当に3G通信が安定しているかどうかはもう少し見極めが要りそうだが、6.1で3G通信のパフォーマンスの悪さに悩まされていた人はぜひiOS 6.1.1にアップデートしてみよう。もっとも、まだiOS 6.0.xの場合はもう少し状況を見極めるまで待ってみるほうが無難かもしれない。

なお、SIMフリーiPhoneなどで自分でモバイルデータ通信の設定をしている人は、iOS6のお約束になっているがアップデート後にモバイルデータ通信設定が消えてしまっているようなので、mopera.net等のモバイルデータ通信の再設定が必要になるようだ。

iOS 6.1.1 モバイルデータ通信

ところで6.1.1ベータで言われていた日本版マップの機能改善の話は何処へ行ったんでしょう?iOS 6.1.2におあずけになったんでしょうかね。

スマートフォン仕事革命 (マイナビ新書)
永田 一八 飯塚 直
マイナビ
売り上げランキング: 742,860

Posted at 2013/02/12(火曜日) 9:45

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »