デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2012年08月05日

imotenトラブルシューティング

imotenの設定で色々躓いたので、その過程で気づいたことや思ったことなどを色々メモしておく。ちなみに、僕がimotenの設定に関してさくらインターネットのVPSサーバとgmailを使用している関係で、さくらインターネットに関してのみここに記述する。

サーバ負荷はどの程度か


  • リソース情報はVPSコントロールパネルの表示値で、CPU 15ms、トラフィック 10kBits/s、DISK I/O 6Bytes/s程度で推移している。

メールの受診に時間がかかり最後に失敗になる


  • imotenA(Exchange)のアカウント設定は正しくできているか(サーバ、ユーザ名、パスワード)

  • gmailを使用している場合、imotenA(Exchange)はSSL設定が有効になっているか

  • imotenBの設定画面で、詳細>受信設定>SSLを使用がオンになっているか、またサーバポートは993になっているか

送信ができない


  • imotenB>送信メールサーバ(SMTP)で、imotenに関係するSMTPサーバがオンになっているか(他の不要なサーバがオンになっていないか)

  • 送信メールサーバのホスト名、ユーザ名、パスワードは合っているか

  • 送信メールサーバのポートはあっているか(SSLを設定していない場合は初期設定587、設定した場合は465。imoten.iniで設定変更している場合はそのポート番号。うまくいかない場合はまずSSL設定なしで試して見ることをおすすめする)

  • サーバにターミナル等のリモート接続で設定する場合にimoten.iniを正しく設定しているか(コピペの時に正しくinsertモードに入ってからペーストしないと最初の文字が切れていることがある。cernのceが抜けてrnだけになっていないか。cを入力してもinsertモードに移行せずeを入力した段階でinsertモードに移行したため最初のceの2文字が抜けてしまうミスが初心者に起こりがち)

1つのimotenでうまく送受信できるのに、2台目のiPhoneのために2つ目のimotenを導入したらうまくいかない場合


  • sender.smtp.portは2つ目のimotenは1つ目のimotenと異なるポート番号を設定しているか。同じポート番号で同時に送受信しようとする場合はうまく接続できない。ちなみに、smtp.portは変更の必要はない。

  • うちの場合は家族で2台のドコモiPhoneを使用しており、1台目はsmtp.port=587 sender.smtp.port=587、2台目はsmtp.port=587 sender.smtp.port=5000で、安定動作している。

非SSLではうまく送受信できるのに、SSL接続にした場合に送受信できない


  • ポート番号の設定がSSLになっているか。

  • SSLでうまくいかない時は非SSLで運用するのもひとつである。3Gアクセスの傍受は困難だし、Wifiで接続している場合も普通は通信はWPAで暗号化されている。WEP接続の場合はSSL化にこだわる前にWEPを何とかすべき。


Posted at 2012/08/05(日曜日)17:43

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »