デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2012年10月02日

mac miniがWiMAX wi-fiに接続できないチャンネル

今のところ自宅で使用しているネット回線はWiMAX Aterm WM3500Rである。これまでずっと順調だったのに、自宅で使っているmac mini (Mid 2011)がある日からネットに繋がらなくなったのでさんざんあれこれと試行錯誤し、ようやく繋がるようになったので、その解決法を忘れないように記しておく。

Apple Mac mini/2.5GHz Core i5/4GB/500GB/NO ODD MC816J/A
アップル (2011-07-21)
売り上げランキング: 9934

自宅では自分のmac mini(Mid 2011)、家族のWindows PC、およびiPhone 4SとiPod touch(第2世代)をWi-fiに接続して使用している。ネットが不調だったのでWiMAXルータのファームウェアを更新したりネット上の情報を参考に様々な設定の調節などをしていたが、ある時から自分のmac miniだけが非常に調子が悪い。というか、まったくネットに繋がらなくなってしまった。ネットワークから見ていると、接続試行 → 一瞬接続 → すぐにリンクダウン、というのを繰り返しているようにみえる。

wi-fiを拾わないようになってしまい、画面右上のwi-fiマークからAterm WM3500Rを指定しパスワードを再入力してみたが「無効なパスワード」や「接続がタイムアウトしました」などという残酷なメッセージが表示されるばかりで接続が確立できない。OS Xの「ネットワーク診断」を行なっても、診断の途中で「ネットワークが変更されました」などという表示がでてネットワーク診断の最後まで到達できない。ネット上で色々な情報を調べるとOS X lionやmountain lionはネットの調子が悪いとか、WiMAXとmacは相性が悪いとか、そういう情報が出てくる。iPhoneやwindows PCは普通にWiMAXでwi-fiに接続できているし、試しにiPhone 4Sでwi-fiテザリングを行なってみるとmac miniでもwi-fiを介してネットに接続できたので、どちらかの機器の故障というのもはっきりしない。

結局、次のようなことを試してみた。
▼macおよびWiMAXの再起動、
▼macとネットワーク設定のやり直し、
▼mac OS Xのユーティリティのキーチェーンから関連するパスワードの削除、
▼WiMAXの設定初期化(工場出荷時設定へ戻す)、
▼SSIDの変更、送信出力の変更、
▼デュアルチャンネルモードのoff、
▼WPA2-AES暗号化の一時off、
▼macのDNSキャッシュの破棄、
▼IPアドレスのMACアドレスによる固定指定(DHCPのoff)、
▼無線LANのチャンネル変更、
などなど...

最終的にうまくいったのはWiMAX Aterm WM3500Rの無線LANチャンネル変更であった。App storeで購入したinSSIDerで自宅周囲に飛んでいる2.4GHz帯のwi-fiを検索してみるとすでに2,9,11チャンネルが使用されているがちょうど真ん中の6チャンネルが空いていたので我が家のAterm WM3500Rは6チャンネルに設定していたのであった。しかしmac miniはどういうわけか6チャンネルはダメらしい。Appleサポートコミュニティでもmac miniで6チャンネルが使えない事象が報告されている。結局空いている6チャンネルの使用を断念し、近所のどこかの家と重なってしまう1チャンネルに設定した。伝送効率は落ちるのだろうけれど、wi-fiにつながらないのでは仕方がない。あちらさんが6チャンネルに移ってくれることを期待している。チャンネルを変更すると今までの苦労が嘘のように、mac miniも快適にネットに繋がり始めた。2.4GHz帯は全部で11チャンネルあるが、wi-fiを用いる機種によって得意なチャンネルと苦手なチャンネルがあるらしく、勉強になった。


Appleサポートコミュニティ
MAC MINI 2011だけがWI-FIに繋がらない(不安定)
https://discussionsjapan.apple.com/thread/10100765

Posted at 2012/10/02(火曜日)23:25

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »